2017年11月22日水曜日

[6174] 迷彩柄

●だいたい結婚式ってなんなんだ?
 姪っ子の12月の結婚式なのだが、全く行く気がなかったのに、兄に頼まれ行く羽目に。まあ父親もいなくなったし兄とも仲良くせねばならない。たまには大勢の前に顔を出すかと引き籠りをやめて行くことにした。結婚式など飲んで食って楽しけりゃいいんだろうと唯一気に入っている迷彩柄のパンツを履いていこうと思っていたら、SSに「新郎と戦うのですか?」と言われた。結婚式とは披露宴だけでなく何かの儀式があるらしいのだ。ワシ、結婚式などやったことも出たこともないから知るわけがない。では何を着るのだ? SSから用意された服がワイシャツにネクタイに三十年前に買ったブレザーに履き心地の悪いパンツ。ネクタイが黒でないだけでこの間の葬式とほぼ変わりないではないか。なんでわざわざ酒飲みに行くのに、堅苦しい不自由な拘束服など着なければならないのだ。首輪までして。オイラは奴隷か! なんか自己主張のない誰がどいつかわからんようなファッションだ。オレじゃねえ! 気に入らん。今朝方、目が覚め、やっぱり結婚式は行かないと決めた。時間が経ってから、ところで式場ってどんなとこと調べたら、結構豪華なとこ。美味そうな料理が脳裏を過った。
 とりあえずうだうだクダ巻きながらも、SSと街にパンツを買いに行く。数年ぶりに街に出ての買い物。ワシは服を買うのが好きでない。あのいかがわしさが漂ってそうな試着室でパンツを脱ぐのが嫌いだ。だからと言って試着しないで買って、これまで何度無駄をしたことか。ところが試着しても失敗ばかりだった。この試着室に入るとさっさと出たくて、ついなんでもいいからこれでいいやとなってしまうのだ。
 今日、思った通り密室では意味のない汗が頭頂から吹き出て帽子はビショビショ。あー、息苦しい。閉所恐怖症なのかもしれないな。ワイシャツにネクタイなどが嫌なのも締め付けられているとか型に嵌められているとかそういう感覚が苦しいのかもしれない。ワシは飛び出たいのだ! だから絵もどんどん変わるのだろう。自由が一番と思っているからな。さっさとパンツを試着した。
 ん? おぉ! 迷彩パンツよりいい! 新しいし。
 ははは、2着も買っちゃった! 
 SS、ありがとう! 美味いコーヒーでも飲むか? 
 とりあえず迷彩柄のブリーフも買った。

2017年11月21日火曜日

[6173] ベケット

サミュエル・ベケット的お歯黒。
「オレの若い頃、お歯黒の女性がいてね、そりゃあ綺麗で色っぽかったな〜」
と近所のお爺さんが言っていた。

2017年11月20日月曜日

[6172] いい絵

午前、もうすぐ仕事関係の人が来る。
なんとなく絵が描きたくなった。
描く。
ところが紙の選択を間違えてしまった。
人が来るから少し焦ってたようだ。
これは失敗だなぁと思った。
とりあえず描き続けてみた。
人が来たが無視して仕上げた。
たなぼた。
すごいいい絵ができてしまった。
こういうものなんだよなぁと思った。
来年、谷中のギャラリー猫町で発表します。
(写真は雪の玄関。この角度の写真が好き)

2017年11月19日日曜日

2017年11月17日金曜日

[6169] 初雪

そういや昨日は初雪だった。
今日も冬支度。
家の雪囲い、小屋の雪防止壁作り、柵にサニースルー、デッキのベンチ解体などなど。
まだまだやることがある。

2017年11月16日木曜日

[6168] 黒金魚

●数年前、池の金魚は越冬できず全滅した。それも生命力が強いワキンたちだった。池の構造が悪かったのもあったので工事し直したが、今いるオランダシシガシラはワキンに比べて軟弱な金魚。冬を越せるかどうか心配なので家の中に移動することにした。
 大人の金魚6匹に、ここで生まれた稚魚が4匹。稚魚はまだ小さく元気そうなので大人だけ移動することにした。ところが黒1匹だけ捕まえられず、池の底に潜ってしまった。なんとか捕まえて救いたいのだが餌をやっても水面に上がってこない。黒は軟弱でビビリな性格をしている。色が黒いし水草がたくさんあるのでどこにいるやらわからない。お手上げだ。
赤金「クロ、おれたちは人間に捕まってしまった。お陀仏だ。お前だけでも助かれー」
黒金「寂しいけど、稚魚らと一緒に捕まらないように頑張って生きるよー」
 などと話していると思うが、生き残るのは僕に守られた赤金たちで黒は池で越冬できない気がする。このことがずっと頭から離れず、数日間心配、気掛かり。
 ところが今朝方、いいアイデアが浮かんだ。
『赤金2匹を池の中に戻して、黒に仲間が戻ってきたことを知らせる。赤金らに餌をやる。黒は赤金らがいることに気づき安心して水面に顔を出し餌を食う。そこを網で掬う』
 早速、2匹を逃し餌をやった。すると久しぶりに見る黒い塊が恐る恐る水面に上がってきた。捕まえようとしたが、すぐに潜ってしまった。危険を感じたのだろう。なかなか顔を出さない。
 とにかくじっと粘る。ワシの中の中学生は数時間でも集中できる。そこに宇宙を見ているのだ。
 なんと! この作戦は見事に成功したのであった。銀河が見えた!
 ガハハハ、これで一安心。

2017年11月15日水曜日

[6167] iPS細胞

●この村生まれの天才で奇人とか仙人とも言われ、未だに発展途上人で探究心旺盛なワシを取材したいと近所の中学二年生男女二人ずつが先生と一緒にやってきた。
 みんな名前の刺繍の入った上下ブルーのジャージ、紺のスニーカー。中学生という生物は僕の話にどのような反応をするのか? 前に建築を学んでいる高校生が見学にきたが、高校生はトンチンカンだったから中学生に期待はしてなかった。ところが意外や意外、僕の作品、旧作から新作までちゃんと豊かに感じている。その辺りのおばちゃんは自分の好みが出来上がっていて可愛い猫にしか興味がないから話が膨らまない。中学生はいける! 未知なる好奇心がある生物だった。未分化、iPS細胞みたいなもんだ。面白い!
 もしかして僕の頭が中学二年生程度なのかもしれない。いやそこではなく、自分は中学二年生の感性のまま成長してしまったのだろう。だからあんなふざけた作品が作れるんだ。なるほど納得。
 どうせならこのまま中学二年生の好奇心でアートをますますやっていこうと思うのであった。

2017年11月13日月曜日

[6165] タコ

薪割りも終わったし、明日は萩の剪定だな。
さてと、年末年始の展示会
『あべのハルカス』用の
『タコ』を粘土いじりしながら
一人ほくそ笑んでいる。
タコ楽し。

2017年11月12日日曜日

[6164] 男

姪っ子の旦那(31歳)が薪割り初体験手伝い。
まずは僕の手本を見せる。
そのあと彼が何度もやるが腰が甘い。
イマイチコツが掴めないと嘆く。
しょうがないともう一度手本を見せる。
「すごい! 男らしい、かっこいい!」と褒められた。
実は、この技は今は亡き父親の薪割りを見てえらく感動し練習し身につけたもの。
やじょない父親直伝の技なのだ!
どこかで作った電気や灯油を金で買ってぬくぬくしているおヌシとワシは違う。
ワシはこの手で暖をとって生きているのだ!
ガハハハハハハハハハハハハハハハ‥

2017年11月11日土曜日

[6163] 表と裏

コインには表と裏がある。
上に放り投げて
出た面が
表だろうが
裏だろうが
同じ価値だ。

2017年11月10日金曜日

[6162] 遊び

車のハンドルには
遊びがあるんだよ。
やっぱ、
遊びが大事。

2017年11月9日木曜日

[6161] 現実

イイものを追いかけていてはダメだね。
自分の中のド素人・現実を眺めてみる。

2017年11月8日水曜日

[6160] ワガジン8

『ワガジン8』の打ち合わせ。
50匹の猫の創世記ドラマ。
『サ゜スウォスス オブ キャッツ ワールド』
(「サ」に丸がついているのがイイでしょ)
これは古今東西の神話や伝説・伝承や
現代の科学的発見などに想を得て
創作した猫の世界。
初めて猫展をしたのが35歳で、
実はこれがデビュー作。
デビュー作にもう一つ『猫神様』という仏像猫もあるが、
それはどんどん一人歩きしていった。
来年の東京の谷中の個展で
この50匹の天才猫たちの本を出します。

2017年11月7日火曜日

[6159] 奇人

今日は秋晴れ清々しい。
この間の作品集を作ってくれたデザイナーが
どこぞの道の駅で
『奇人館』なる企画展をやっている。
連れていってもらう。
韓国風の建物の道の駅。
よくまあこんなものと感心する。
最上川と遥か遠くまで見渡せる風景は実にいい。
奇人の展示を見たが、
奇人というより
人間の持つ『闇』の部分の気がする。
今、自分が『暗』の絵を制作しているので、
タイミング良かった。
かなり刺激になったさ。
「わじんさん、来年は参加してください」
「わし、奇人でないけど」

2017年11月6日月曜日

[6158] ダメ

人は飽きるし
万物は変化する。
だから明が明で無くなる
暗もまた暗で無くなる。
ダメがダメで無くなる。
「おら、もうダメだ」
そのうち無くなり、
「あなた、すごくイイ」
って
言われる
ようになる
‥!

2017年11月5日日曜日

[6157] ファイヤー

骨壷ではなく
骨家ができたので
骨主がやって来た。
庭でファイヤー。
火を見てると
救われる。

2017年11月4日土曜日

[6156] ついてゆく

社会を分断するような観念や
主義主張にも捕らわれない
何者にも味方しない
この無垢な絵は
どこに行くのか
『宇宙の旅』A Space Odyssey 
(ほだなエゴはいづれ海の彼方に消えてゆくもの)
僕はその絵の後ろから
ついてゆけばいい
この社会に築かれる強固な壁
『時計じかけのオレンジ』A Clockwork Orange 
宇宙も己も見失わずに
『博士の異常な愛情』Dr. Strangelove 
ついてゆけばいい
スタンリー・キューブリックの
何億年先の弥勒的創作姿勢

2017年11月3日金曜日

[6155] 宇宙の果てまで

今までの百倍
いやもっと
自由に幅広く
言葉ではなく
絵で事象が
見えるようになった。
宇宙の果てまで、
つっぱしるぞー
その前に薪割り。

2017年11月2日木曜日

[6154] 元気

アートなどとは無関係な
三十代子持ちのお姉ちゃんがやってきた。
絵を見せた。
感動して帰っていった。
あとでSSから
お姉ちゃんが「こんなことやっている場合じゃない。元気が出てきた、やるぞー!」って叫んでたよ。
何をやるんだろう?
とにかく僕は今、絵を描くことで
未知のエネルギーを生産しているのかもしれない。
僕の方こそ元気をもらったようだ。
またひとつ絵がわかった気がする。

2017年11月1日水曜日

[6153] 名案

明暗=名案とは
『明類暗』
(あかるいあん)
暗い類のことだ。

2017年10月31日火曜日

[6152] 女神

『暗』を
『明』確にすれば
あれはイイ(明)
これはダメ(暗)
このような差別がなくなる。
大空駆け巡る
全き自由に
アートの女神に
包まれる。

2017年10月30日月曜日

[6151] 聖地

『暗』を制作していて思う。
気分的に
予想と違って面白い。
いろんな自分の中の
『暗』が表出してくる。
『暗』と言っても、
すごく残酷なことだったり
すごく怖いことだったり
すごく危険なことだったり
そんなことではない。
静謐な地にいるようなものだ。

2017年10月29日日曜日

[6150] デクノボー

この間の個展で
『プラスマイナスゼロ』
シンプルなコンセプトなので
水のようにどこへでも浸透できる。
水はゼロというたぶん中庸を保ちながら
いろんな社会問題を解釈視覚表現する
「アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ」
水は作品を制作する。
今、とりあえず『明』をプラスと位置づけ
マイナスの『暗』を表現。
もともと若い頃から
その類の表現は好きで
制作していたが
「ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ」
でも今は水が流れ広がり探求
正直
「サウイフモノニ
ワタシハナリタイ」
と思っている。

2017年10月28日土曜日

[6149] 明確

『暗』だから
『明』を欲す。
『明』に憧れるから
『暗』が『明』確になる。

2017年10月27日金曜日

[6148] 暗

猫の庭周辺は
日が落ちると真っ暗になる。
最近の作品は
『暗』側を制作している。
今までは『明』側主体だった。
僕にとって
『暗』側はかなり未知の領域だ。
だからすこぶる面白い。

2017年10月25日水曜日

[6146] 香り

猫の家には薪ストーブがある。
世間ではナゼか
『みにくいアヒルの子』
という名で呼ばれている。
四つ足なのに‥
今はこれで暖をとっている。
煙は猫の左耳から空へ向かう。
庭にいると
木の焼けた香りが
無何有の郷
未来
67億8千万年後

2017年10月24日火曜日

[6145] メダカ

猫の庭の池には
100匹ほどのメダカがいる。
ほぼ全部
この池で生まれたメダカだ。
夏の間、
わずか数匹だけ残して
全部消えた。
我が思議が不可な事象だ。

2017年10月23日月曜日

[6144] 好奇心

猫の庭は大雨。
川あっちの中学校の若い女性の国語の先生。
中学生の課外授業で僕を触れさせたい案で
雨にも風にも負けずにやってきた。
まずは僕の人物像知るため
ワガジン全7を手に入れる。
猫仏像のこと、
絵を描いていた時代の自叙伝風小説、
もちろん雨に負けるわけがない、
そして今回名古屋で個展した作品集など
すべてに興味あり。
好奇心と探究心旺盛ないい先生だ。
しかし中学生は
どう考えても妙な生物だ。
僕の何かに共鳴してくれれば幸い。
雨は降り続き、
風は鳴く。

2017年10月22日日曜日

[6143] 渾沌

朝、猫の家の薪ストーブで
目玉焼きを作る。
冷蔵庫の中で
目についた
チーズやトマトやエビの粉やら
辛そうなものなど
いろんなものを入れる。
作品でもそうだ
いろんなものを混ぜたがる。
夜はにごり酒と梅酒と紹興酒と炭酸を
混ぜて飲んでみた。
美味い!
まるで掘り出し物のワインだ。
でも、オカワリはしたくない。

2017年10月21日土曜日

[6142] ロバート・キャパ

猫の家からほど遠くない
歩いて10分程のところに温泉がある。
サウナに入り
水風呂を浴びる。
露店で川を眺めながら
ボーッとする。
ふと思った。
これもプラスマイナスゼロだなぁ。
熱くなってプラス
冷たくなってマイナス
外気に触れながら
身体はニュートラルに戻ろうとする。
それがゼロなんだろうと。
ゼロに戻ろうとすることが
生きているということ‥
だったら
死はゼロでないのか?
言葉がゼロだった
ロバート・キャパ

2017年10月20日金曜日

[6141] 紅葉

猫の庭の池の前
ヤマボウシが二本
紅葉して
雨にぬれ
風に揺れている

2017年10月19日木曜日

[6140] 睡蓮

猫の庭の池では6種類の睡蓮が咲く。
白、黄色、大きな黄色、ピンク、赤紫、薄い大きなピンク。
他にもう2種類あったが無くなってしまった。
一つはブルー。
これは美しい鮮やかな色だったが
熱帯の睡蓮なので、
猫の庭の冬を越せなかった。
あともう一つ、オレンジ。
睡蓮の中では一番早く咲き、
秋の終わりまで長く咲いていた。
植え替えに失敗して
無くなってしまった。
大好きな色だった。

2017年10月18日水曜日

[6139] 金魚

猫の庭には池がある。
池には金魚がいる。
今年3匹の稚魚が生まれた。
早く生まれた1匹だけ、
両親と一緒に餌を食べる。
他の2匹はまだ小さく、
大人たちとは一緒にいない。
大人は子供を食うからだ。
最近見かけない。

2017年10月17日火曜日

[6138] 芹沢くん

そういえば
名古屋の個展に芹沢くんが来た。
芹沢くんとは
僕の小説『自由自在堂』のほぼ主人公だ。
何十年ぶりかに会った。
妙な嬉しさを味わう。
意味ありげな捨て台詞を
僕の脳に
靄として忍ばせ
最終電車で帰っていった。
やっぱり
年月は過ぎても
小説の芹沢くんだった。

2017年10月14日土曜日

[6135] 橋の上

猫祭り系の作品を『猫の内側』とし、
『STOP』系の作品を『猫の外側』という言葉で括った。
とりあえずその方が伝えやすい。
この内側と外側の間には境界がある。
それが『STOP』作品集の中の作品『橋』だろう。
僕らは橋の上にいるのだと悟った作品だ。
だから僕らはこっち側にいるわけでもなく、
あっち側にいるわけでもない、
橋の上にいる。
猫で言えば内側でも外側でもないことになる。
ものは内外の区別をつけることで
いろんな名称が生まれる。
過去の僕にとっての猫とは
猫の内側を意識している時の名称だった。
だから外側へ行くということは
猫が消えてしまうことと思えてしまう。
消えてはいけないから内側にこだわる。
しかし僕らは橋の上だと気付いた時から
内や外の区別は放たれる。
境界という概念は消滅する。
つまり『猫』や『橋』などが
幻想だったことを知る。
我々は永遠に渡れる広大な
表現し難い自由の中に存在する。

2017年10月12日木曜日

[6133] 恐れ

名古屋の個展を振り返って。
幼虫が羽化して
成虫になったような気がする。
幼虫が被っていた殻を脱いだだけで
中身は何も変わっていない。
でも自分がどんな成虫なのかはわからない。
殻というのは恐れや不安から自分を守るために必要だ。
が、反面、自分を縛っているしつこい観念でもある。
そういった意味では
人は誰もが殻の中から見ている。
殻は目をも覆っている。
だから外の本当の姿を見てない。
構築した言葉や活発な行動を駆使しても
なかなか殻の外の真実は見えない。
見るには、、、
例えば写真の作品の目を塞いでいるダルマが
手を外したら
自分の居場所に気付き、
そのリアルさに恐れを感じるだろう。
それでいい。
自分で自分の覆いを外す。
そこから始めるしかない。

2017年10月11日水曜日

2017年10月10日火曜日

[6131] 創造と破壊

創造と破壊。
陽と陰。
プラスとマイナス。
「きれいはきたない きたないはきれい さあ飛んでいこう 霧の中 汚れた空をかいくぐり」by William Shakespeare『Macbeth』
色即是空。

2017年10月9日月曜日

[6130] 破壊

僕の見つけた
破壊行為
ペリとベリ
『ぐりとぐら』ではなく
『ペリとベリ』
『Paris & Bali』でもなく
『Peri & Beri』

2017年10月8日日曜日

[6129] water

水は鏡のように全てを映す。
水は全ての違いも映し出す。
水は体の中だろうと地球上どこでも
流れとどまることをしない。
水は放射能を遮る防御壁だ。
水はいろんな形の器に入れれば
そのような形に変化する。
水は自由自在だ。
水はあらゆるものになりながら
あらゆるものを育てる。
水はどこでも分け隔てなく
その高さは平等だ。
水は誰を映しても
その高さに違いを作らない。
つまり水はあらゆるものが豊かになる
共通の法則を知っている。
誰もがそれを飲んでいる。

2017年10月7日土曜日

[6128] クマ考

クマが恐けりゃ、己がクマになればいい。
クマになってみて、
うわての悪魔(あ!クマ)が恐けりゃ、悪魔になればいい。
戦争もテロも超えて、最大の悪が悪魔だとする。
悪魔より強いものを考えてみる。
神かな。
なら神になればいい。
みんな神になればいい。
もしくは神が造った自然になればいい。

2017年10月6日金曜日

[6127] クマ

山を降りる。
曲がりくねった細い獣道を降りて家に帰る途中、
目の前にクマが、道の脇に座っていた。
こっちを見た。目と目があった。
「森の中、クマさんに出会った」という歌はその後どうなるんだっけと考えた。
確か踊るんだっけ、そんなアホな! 
戦ってクマの鼻に打撃を加える空手家の映像が‥
鈴の音やラジオの音、持ってない。
他にいろんな手が浮かんだが、
そっと後ろを向き、ゆっくり山の中に引き返すことにした。
後ろのクマの気配を気にしながら、
恐る恐る物音たてずに一歩一歩慎重に進む。
しばらく歩いてから、振り返り、
クマがついて来てないことを確証する。
しかしどうやって家に帰ろう。
道はこの道一本。
道から逸れて山の中へ。
クマの村があったりして。
なお恐ろしい。
もしかしたらと思い、携帯を出してみた。
なんと電波が通じている! 
SSに連絡した。
数時間後、遠くからSSがやってきた。
安心に包まれた。
「あれ? 一人?」
「そうだよ」とSSはピクニック気分。
「途中にクマいなかった?」
「見てなーい」
とにかく二人で山を降りる。
クマがいたところが見えた。
なんと数時間前と同じ、いるではないか! 
SSはクマに気づかずに脇を通り過ぎてきたのだ。
クマが動いてこちらを見た。
またまた山にそっと引き返した。
暗くなってきた。
なぜか携帯は通じなくなっていた。
ガーーーーーン
 目が覚めた。なんちゅう夢だ。
 いやいや、これは素晴らしいメッセージだ。
『逃げろ! すべての組織・集団・思想・概念から逃げろ。今までのように自ら捕まるんじゃない。逃げ道は絶対にある』
 アートの話さ。いろんなものに通じるとは思うけど‥